営業日*カレンダー

むしやしない*Google map

世界唯一の豆乳パティシエ

むしやしないのオーナーパティシエ、鵜野友紀子です。京都の手まり寿司のような愛らしいポーションケーキを多彩に揃え、好きな種類を好きな時に召し上がっていただきたい。そんな想いで、2006年10月に『むしやしない』をオープンしました。和食で学んだ地産地消の精神をスイーツでも生かしたいと考え、「心ほっこり」をお客さまにご提供することをコンセプトに店づくりをしています。

お客さまに喜ばれる新たなスイーツを開発するなかで、「豆乳」という素材の持つポテンシャルを発見。この大きな可能性を秘めた素材を使い、「ココロもカラダもむしやしない」という大きな目標を見つけました。それ以来、世界でたった一人の「豆乳パティシエ」として『むしやしない』を運営してまいりました。また、食物アレルギーを持つお子さまとの出会いから、食と健康の関係を強く意識するようになり、アレルギーフリーのケーキ開発にも着手。7年の歳月がかかりましたが、小麦・卵・乳成分をつかわずに、一般の方にも美味しく食べていただける「ミラクル*ケーキ」を世にお届けできるようになりました。

さらには、より安全安心な食を求め、農場で大豆の試作を始めるなど、これからも私たちに気づきをくれた豆乳・大豆を使い、パティシエという枠にとらわれず、ココロにもカラダにも良いものを提供していきたいと思っています。

Yukiko Uno Profile

1975年京都生まれ。10代の頃にアルバイトをしていた創作日本料理店で「調理」に関心を持ち、料理人の世界へ。6年の下積みを積んだ後、洋菓子の世界へ進出。6年の修行を経て、30歳の時にオーナーパティシエ-ルとして、京都一乗寺に『むしやしない』をオープンした。豆乳・大豆との出会いにより新ジャンルを確立し、豆乳パティシエとしてテレビ・新聞・雑誌などメディアに多数取り上げられる。2015年、母になったことを機に、小麦・卵・乳成分不使用の「ミラクル*ケーキ」の販売を本格化。10周年を迎えた2016年には、むしやファームを創設し、安全安心の原材料自給を計画。食に携わる者としての責任を果たすべく、日夜挑戦を続けている。

むしやしないのおもいとみらい

『むしやしない』という言葉をご存知でしょうか?

これは、「虫養い(むしやしない)」という京都の昔ことばです。

「虫」とは「腹の虫」のことで、「小腹のすいた」状態のこと。つまり「虫」を「養う」とは夕方などに、ちょっと小腹がすいて口寂しい時に、それを満たしてくれるモノ(おやつ)のことなのです。私たちも、この〝粋〟な京言葉に引っかけ、贈る人にも、贈られる人にも〝粋〟で付加価値のある商品をお届けして、少しでもうなずいていただけるような『むしやしない』を追求して参ります。

女性にうれしい豆乳イソフラボン

「豆乳がカラダにいい」と言われている理由のひとつが「イソフラボン」という成分です。大豆の芽の部分(胚芽)に特に多く含まれていて、カラダに取り込むと女性ホルモンの「エストロゲン」と同じような働きをすることが知られています。

女性特有の悩みでもある、生理不順や更年期障害、骨粗しょう症は、この「エストロゲン」の不足によるもの。これらの悩みから女性を救ってくれるのが「イソフラボン」なのです。「それは知っているけど、豆乳は美味しくないから」と思っている女性が多いのも事実。私自身も最初はそう思っていました。

だから、探したんです。本当に美味しい豆乳を。その美味しい豆乳と出逢ったからこそ、豆乳スイーツができるようになりました。美味しく食べて健康に。女性にうれしいテーマが『むしやしない』のテーマでもあります。

むしやファームで大豆自給に挑戦

本当に美味しいものをつくるには、その素材がどこでどうやってつくられたかが、大切なポイントになります。国産大豆の生産が減少し、良い素材の入手がむつかしくなるなか、「だったらつくろう」と農場に通い始めて数年。自社農場で育った大豆を豆乳スイーツの原料にする。そんな壮大な夢を持って、『むしやしない』は農業に取り組みはじめました。まず初めに、有機枝豆「乙姫みどり」を店頭で販売。京都の丹波黒豆に由来する白い大豆“京白丹波豆”の試験栽培も始めました。農業の世界では、まだまだ素人で課題がいっぱいですが、それほど遠くない未来に夢を実現したいと奮闘中です。お菓子という小宇宙から飛び出して、これからも『むしやしない』は可能性に挑戦し続けていきます。